2012年08月26日

帰省おしまい

無事に自宅に帰ってきました。

今日は、母が登山に出かける予定が入っており、朝7時前に出かけると。
待ち合わせ場所に送ってあげて、帰宅し、荷物をまとめて、
9時半出発。
一関のイオンに寄ってお土産や旅のおやつを購入して、高速に乗った。

道は混んでおらず、順調に東京に15時位に到着。

そのまま、義父のいる逗子へ寄り道。
体調悪いというので、お見舞いに。

それから、多摩に戻ってきました。


滞在中は、趣味のお花の世話やら、農作業やら、地域の付き合いやら、関わってるイベントやらで、なにかと忙しい母にかわって、
基本、ご飯炊き要員してました。
実家なので、、、私が作らんくても、母もやるので、気楽なもんです。
やりたいだけ、やりたいようにやってました。
野菜が豊富で、、もう、腐る程あって、
レシピ検索して作ってみたりしてました。
食べ物豊富でありがたいけど、トマト地獄、キュウリ地獄、ナス地獄ですw

前半は、他の親戚が入れ替わりで子ども連れで来たりして、にぎやかで。
近場に住んでる姪っ子、甥っ子たちも大きくなってきて、本人たちの意思で、
遊びに来たいというようになり、迎えに行って連れてきたり。
または、遊びに連れて出たり。
身内と遊んでのんびりしてました。


毎年会ってた、高校の同級生達には会わなかった〜。。
中学の同級生には数年ぶりにあって、ゴハン食べながら、他の同級生達の写真みて盛り上がり。

温泉は、子ども達連れて足湯と、母と花巻大沢温泉と、近場の温泉へ行っただけでした。
色々、秘湯的な温泉も調べてはいたのですが、行かずじまい。
またこんどだなぁ。


自分が実家にいた子どもの頃、親のきょうだいや親戚が子どもを連れて帰省してきて、
わいわいがやがやしてましたが、
あれから、30年位たち、今、次の世代になり、
当時子どもだった、私のきょうだい、いとこ達がまた子どもを連れてやってくる。。。
あと10年、、20年したら、またその子ども達がくるのだろうか。。

来年も8月は行こうと思いますが、、
てか、ここ10年近く、子どもの夏休みに合わせてしか行ってないので、
夏以外もそろそろ行ってみたいな〜。


posted by nakayosi at 22:36| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰省最終日

うちの子、弟の子、妹の子、と、
いとこ(母からみたら孫)勢ぞろいとなりました。

雨雲とカミナリが響いてきたけど、洗車。

image-20120826000555.png


が、雨降らず…虹がみえた。

image-20120826000654.png


子供達も洗車する〜っていうので、ばーちゃんカーを洗車お願い。

image-20120826000704.png


夜は、子供達にも好評の、お餅。
とり、納豆、クルミ。

image-20120826000715.png

image-20120826000723.png


最後に花火とスイカ割りしておしまい。

image-20120826000738.png

image-20120826000749.png


そこに大きなクモがやってきて…
退治したら、、、
なんと、、、
クモの中から、、、
ハリガネムシとかいう、
針金状の虫が出現!!
うげぇ〜とかいいながら、皆で眺めてました。
今回最大の出来事になった気が(^_^;)

image-20120826000802.png


24時間テレビ見ながら今回の出来事を書き置き中。

image-20120826000812.png


書き置き2011バージョンも残ってた。

image-20120826000824.png


posted by nakayosi at 00:12| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

一関 魚を食べに箱崎へ

以前、弟に、一関で魚食べるならここで、、
と連れてきてもらった「箱崎」さん。
弟は、白子の時期に頻繁にいってるらしい。
箱崎さんにも、白子好きの…って覚えられておりました。

箱崎魚店。魚屋もやりつつ、居酒屋もやってるようです。

image-20120824234657.png

image-20120824234706.png


前回の印象としては、、
地元のおっちゃん達が、美味しいお魚つまみながら、楽しげにお酒飲んでる大衆居酒屋。

今回は、同級生と2人でご飯食べようとなり、お互いお酒はいらないね〜ということでしたが、

私のリクエストで、箱崎さんへ。

常連さんたちがたくさんいるだろ〜なーと覗いたら、珍しく、常連さんお一人だけが、カウンターで飲んでました。

我らは座敷席にて、
ドリンクは、オールフリー(*^^*)
ノンアルコールのビール飲料あんがいいいですね〜。

image-20120824234729.png

image-20120824234742.png


食べたいものからたべる…ということで、ウニ丼
甘くて美味し〜!

image-20120824234753.png


特製焼鳥なるものも頼んでみた。
30cm串にモモ肉!
豪快で、うまい。

image-20120824234807.png


ここでは、一人一品、
刺身が500円食べ放題になります!
私はマグロ、友達はアジをチョイス。
2セットいただきました。

image-20120824234820.png

image-20120824234835.png


我らはお正月にあった歳祝いの写真をみて、
同級生の変化ぶりに盛り上がったり、
常連さんともいろんなお話が弾み、
我らものんびり過ごさせてもらいました。

image-20120824234850.png


最後に、貝が食べたいなーとおもって、なにありますか〜ってきたたら、つぶとホタテ。
つぶ貝いただきました!
友達は貝類は苦手というので、
独りで全部いただき。
新鮮でうまいっ。

image-20120824234903.png

image-20120824235000.png

(´-`).。oO(ただ、私は、アルコール飲んでないのに、あとで、酩酊状態になりました。弟に話したところ、つぶ貝のせいらしいですw


壁に、新聞切り抜きが貼ってあり、
よく見たら、売上の一部を、
児童施設に寄付しつづけてる箱崎さん。
コツコツつづけてトータル寄付100万を越えたそう。
頭がさがります。

image-20120824235115.png


とっても穏やかマスター箱崎さんです。

image-20120824235131.png


ご馳走さまでしたん。
こっちきたらまた行こう。
posted by nakayosi at 00:22| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北上さん食亭でランチとおもったのにまにあわず。

大沢温泉の帰り道にランチへ向かいました。

ランチは、母が以前行って良かったという、北上、展勝地方面の
農家レストラン「さん食亭」へ。
999円でバイキングだそう。

15時までとは、検索してわかっていたが、ラストオーダーが14時までとは調べきれず、、
着いたのが、14:13、、、
ダメもとて、聞いてみると、
料理少なくなってしまったのでー…とお断りされ。
しかたないです。残念残念!
高台で凄く景色が良かった〜。

image-20120824231308.png


近くで、農産物の作業してた方が、車のナンバーみて、
「遠くからきたのに残念だったね〜、これもってって!」と、
ピーマン、きゅうり、ゴーヤをくれた(*^^*)

image-20120824231323.png


花好き母は、園芸ショップに立ち寄り、お花をいくつか買ってました。

image-20120824231513.png


北上、さん食亭
http://www16.plala.or.jp/sanshoku/about.html
posted by nakayosi at 00:10| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

花巻、大沢温泉

母とも温泉(日帰り)に行こか〜と話をしてて、どこにしようかなと私なりに探しておりましたが、

母が「大沢温泉(花巻)行った事ないから行ってみたい」といいまして、
検索してみたら、川沿いで、自炊棟もある良い感じだったので、今回は、大沢温泉に決定!

行きは、高速でびゅーんと。
平泉から1時間ほどで到着。

道路から川に降りて行くような感じで駐車し、自炊棟へ。
建物が素朴な感じで落ち着きます。

iphone/image-20120824215139.png


日帰り入浴は、大人1人600円で、
時間制限はなく、
自炊棟の
内湯:薬師の湯、
女性用露天:かわべの湯、
混浴露天:大沢の湯、
山水閣の
半露天:豊沢の湯
に、入れるようです。

着いた時間は、木曜午前10時半過ぎ。
かわべの湯と大沢の湯が、お掃除中だか調整中とやらで、13時まで入れず。

ますば、豊沢の湯へ。
豊沢の湯がある山水閣へは、廊下でつながっており、防火扉を開けると、近代的旅館の雰囲気。

iphone/image-20120824223850.png


お風呂は、広めで、アブ対策の網戸がついてましたが、湯温もちょうど良く、気持ちよかった。
つるんと感じるお湯。


次に、自炊棟の内湯、薬師の湯へ。
変わったつくりで、レトロモダンな雰囲気。

iphone/image-20120824223906.png

湯船が二つ。
あつめとぬるめ。
こちらも気持ちよく。

で、ここまでで、12時。

周辺散策しようということで、
自炊棟のサンダルをはいて外へ。

iphone/image-20120824223930.png


まだまだ外は暑い。
茅葺屋根の菊水館方面へ。
まがり橋という、宮沢賢治のゆかりもある橋を渡る。

iphone/image-20120824223949.png


橋からは、大沢の湯が丸見え。
このときは、まだ調整中で、だれもおりせん。

iphone/image-20120824224013.png

菊水館を眺め、

image-20120824224206.png


かるーく散策終了し、自炊棟へもどり、
休憩所で、高校野球決勝見ながら、ヨーグルト食べました。

iphone/image-20120824224038.png

iphone/image-20120824224057.png

ここまでで、12時半。

13時開場の、かわべの湯、大沢の湯まで、どうするか…

母は、もう、満足で、ももういいと。
早起きのせいもあり、ごろんと横になってやすみはじめました。

私はせっかくきたんだしなーと、サクッと入ってくることに。

13時になり、開場のアナウンスを聞いて、大沢の湯、かわべの湯とはしご。
大沢の湯は、混浴で、
扉を開けると、湯船の脇に棚があり男性はそこでお着替え。女性用には、小部屋が用意されてました。
オープンエア〜で、熱めお湯で、川と山がとてもきもちいい。
湯船の底には、湯花がたくさん。
アブもブンブンほどは感じず、ブーンくらい。
いま時期は長湯するとのぼせそうなので、一浸かりであがりましたが、秋の紅葉〜冬の雪見で長湯したい感じ。
大沢温泉いったら、大沢の湯もぜひどうぞ。

かわべの湯は、
こじんまりとして、
いった時は独りで、ブライベート温泉なかんじ。

image-20120824224126.png


ただ、もう、大沢の湯の後で、ほかほかしすぎなので、数分であがり。

で、休憩所に戻り、母を起こして、大沢温泉おしまい。

山あいの川沿いの湯ってかんじで、建物の古さといい、時間忘れてのんびりできる雰囲気でした。

母も、友達とでもまたきてみる、と気にいったようです。


花巻、大沢温泉
http://www.oosawaonsen.com/

posted by nakayosi at 22:54| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。